BroadWiMAXのエリアを調べる方法!繋がりにくいエリアはあるの?

BroadWiMAXはエリアが広い!

 

BroadWiMAX(ブロードワイマックス)でメインで使うWiMAX2+回線は
対応しているエリアがどんどんと広がっています。

 

とはいっても地域によっては繋がりにくいエリアがあります。
契約前に必ずあなたがお住まいの地域がエリアに対応しているか調べてから契約をするようにしましょうね。
今回はBroadWiMAXのエリアについての記事をまとめます。

 

結論を先にまとめると以下がポイントになります。

  • BroadWiMAXの対応エリアは公式サイトから簡単に調べることができる。
  • 繋がりにくいエリアは山間地や地下、建物が入り組んでいるところ
  • もしも繋がらない時にもBroadWiMAXならau4GLTE回線で対応可能!

 

 

 

 

BroadWiMAXの対応エリアの調べ方

BroadWiMAXが対応しているかどうかは公式サイトから調べることができます。
手順を解説していきますね。

 

1、まずはBroadWiMAXの公式サイトにアクセスします。
★BroadWiMAX★

 

2、公式サイトでエリア判定を選択します。

 

3、エリア確認をします。

エリア選択

 

WiMAXのエリア判定は2通りです。

都道府県をクリックして地図上から確認する方法


地図でピンク色のエリアはWiMAXに対応しています。
白い地域は対応していないエリアです。

 

住所を入力して調べる方法

住所を入力して調べる方法です。
お住まいの住所をピンポイントで調べることができます。

 

この判定でピンク色に表示された地域ならWiMAXを使用することができます。
またこの対応エリアは全てのWiMAXプロバイダで共通です。
BroadWiMAXとUQWiMAXで対応エリアが違うということはないので安心してくださいね。

 

また判定で「△」が出てしまった場合や、
地図上で見ると対応しているか微妙な場合は
BroadWiMAXに問い合わせをして対応しているか調べてもらうことができます。

BroadWiMAXではエリアの問い合わせが可能

 

 

BroadWiMAXが繋がりにくいエリアはどんなところ?

 

しかしこのエリア判定で「使用可能」となっていても
WiMAXには繋がりにくいエリアがあります。
例えば

  • 建物が入り組んでいる場所
  • 山間地域
  • 地下
  • 近くで他のWiMAXやWi-Fi回線が多く使われている

などの場所です。

 

エリア判定が「〇」なのに繋がりにくい時の対処法!

もしお住まいの地域がWiMAXの対応エリア内でも繋がりにくい場合、
簡単に解決できる方法があります。

 

部屋内で電波の良い場所に端末を置く

窓際や2階などの電波が通りやすい場所に端末を置くだけで、
WiMAXの繋がりやすさがあがることがあります。
端末に表示されるアンテナの本数が多い場所が良いです。

 

クレードルを利用して有線接続をする

端末の付属品のクレードルにはLANケーブルを繋がられるようになっています。
このクレードルを利用してパソコンと有線接続を行うことで接続が安定します。

 

5GHz帯を利用する

使用する周波数帯を2.4GHz帯から5GHz帯に切り替えることで、
回線の混雑を避けることができます。
多くの電波が飛び交っている場所では有効です。

 

外出先で使えない?山間地エリアでも使うには?

また実際に使ってみての実感なのですが、
外出先、特に山間部ではWiMAXが使えなくなることがあります。

 

外出先でも不便なくWiMAXを使いたいという場合、
au4GLTE回線に対応している端末を利用すると良いです。

 

au4GLTE回線はハイスピードプラスエリアモードと呼ばれる回線です。
イメージとしてはauの携帯電話の電波が届く範囲ならWiMAXが使用できる回線です。

 

山間部で使うことが多い場合は
このau4GLTE回線に対応している端末を選ぶようにしましょう。
具体的には「W05」「W04」「WX05」をはじめ、BroadWiMAXで契約できる端末機種の全てが対応しています。

 

ただこのau4GLTE回線は使用すると月に1,004円の使用料がかかります。
BroadWiMAXの3年契約期間の場合はこの使用料が0円になります。
また月間で7GBまでと通信量が決まっています。

 

普段は通常使用するWiMAX回線を利用して、WiMAXが使えない場所でのみ切り替えて使うのがおすすめです。
端末の液晶画面で簡単に切り替えすることができます。

 

どうしても繋がらない時、BroadWiMAXなら救済措置あり!

このようにエリアを調べても契約してもどうしても繋がらない場合、
BroadWiMAXではどのように対応してくれるのでしょうか?
BroadWiMAXでは2つの制度で対応が可能です。

 

8日以内なら解約可能!

到着から8日以内であれば、違約金がかからずに解約できる制度です。
クーリングオフに似た初期解約制度と呼ばれるものです。
もし繋がらなくて使えないという場合でも限りなく少ない負担で解約ができます。

 

関連リンク

BroadWiMAXの初期解約制度を詳しく!【リスクなしで返金】

 

違約金0円で他社回線に乗り換え

電波が繋がりにくい、通信速度が遅いなどの不満があった場合、
BroadWiMAXが紹介する他社回線に切り替えができる制度です。
切り替え先はNTTやyahooBB回線など豊富に用意されています。

 

ご満足保証という制度で多くのプロバイダの中でBroadWiMAXのみが適用できる制度です。

 

最大のポイントは解約に関わる違約金がかからないこと。
負担は少なく、より快適なインターネット環境に切り替えることができます。

 

 

【まとめ】BroadWiMAXなら繋がらない時も安心!

 

今回はBroadWiMAXの対応エリアについての記事でした。
繋がるエリアは年々拡大しているとはいえ、
やはり契約前には必ずエリア確認をするようにしましょうね。

 

ただしエリア判定で「〇」であっても
どうしても周辺の建物状況によってWiMAXが使いづらいエリアはあります。
これはWiMAXの電波の特性上、どうしようもない部分でもあります。

 

そんな時でもBroadWiMAXなら限りなく負担を少なくする
救済措置として以下の

  • au4GLTE回線が無料
  • ご満足保証で他の通信サービスへ乗り換え
  • 8日以内で使える初期解約制度

 

もし繋がらなかったらどうしようという不安に思っているあなたは
そんな不満に応えてくれるBroadWiMAXを検討してみると良いです。

 

詳細を確認できるBroadWiMAXの公式サイトはこちら

【WiMAX2+】業界最安値の月額2,726円!

 

BroadWiMAXを利用して1年になる私のレビュー記事です。
broadwimaxを1年間使用したリアルなレビュー!月1万節約に成功した方法とは?