BroadWiMAXの契約更新月はいつ?解約の際の料金は?

【知らないと損する!】BroadWiMAXの契約更新月はいつ?

 

WiMAXはスマホなどと同じようにプランによって契約期間が定められています。
契約更新月以外に解約すると違約金が発生してしまうので注意が必要です。
契約更新月に解約すれば違約金はかかりません。

 

BroadWiMAXでWiMAXを契約した場合、契約更新月はいつになるのでしょうか?
BroadWiMAXでは2年契約と3年契約の2つの契約期間があります。

 

2年プランの場合は、端末を受け取った月を0か月として、
そこから25ヶ月目が契約更新月となります。

 

3年プランの場合も端末を受け取った月を0か月として、
そこから37ヶ月目が契約更新月となります。

 

今回はこのBroadWiMAXの契約更新月について詳しく見ていきましょう。

 

 

BroadWiMAXってどんなプロバイダ?

BroadWiMAXは「わかりやすくてお得な月額料金」が魅力のWiMAXプロバイダです。
契約してから1年後にもらえるキャッシュバック特典ではなく、月額の基本料金がお得に設定されているのが特徴です。

 

90秒でよくわかるBroadWiMAXの紹介動画!

 

詳細を確認できるBroadWiMAXの公式サイトはこちら

【WiMAX2+】業界最安値の月額2,726円!

 

BroadWiMAXは契約更新月までが長い?違約金が高い?

まず前提として知っておきたいのは、
この契約更新月までの長さはどのプロバイダも変わらないという点です。

 

他のWiMAXプロバイダでもBroadWiMAXと同様に
2年プランもしくは3年プランでの契約をすることになっており、
その契約更新月までの長さは変わりません。

 

また契約更新月以外の解約の際にかかる違約金も、
どのプロバイダを選んでも同様にかかってしまいます。

 

BroadWiMAXは月額料金が安いプロバイダですが、
その分プランの契約期間が長く設定されていたり、
違約金が高額に設定されている訳ではありません。

 

2年契約の場合の契約更新月を詳しく!

BroadWiMAX2年契約の更新月

 

2年契約はWiMAXを契約する際に最も一般的な契約期間です。
2年契約の場合の契約更新月は25ヶ月目となります。

 

例えば2018年1月に端末が到着して利用を開始したとすると、
端末が到着した月を0か月目とします。
そこから数えて25か月目の2020年2月が契約更新月となります。

 

また契約更新月に解約しないと自動で2年契約の更新がされます。
その場合、次回の契約更新月は同様に数えて49ヶ月目となります。

 

3年契約の場合の契約更新月を詳しく!

BroadWiMAX3年契約の更新月

 

3年契約は比較的新しい契約プランの期間です。
au4GLTEの月額利用料の1,004円が無料になるのがメリットです。
3年契約の場合は37ヶ月目が契約更新月となります。

 

例えば2018年の1月に端末が到着して利用を開始すると、
端末が届いた月を0か月とします。
そこから数えて37か月目の2021年2月が契約更新月となります。

 

3年契約も同様に契約更新月に解約しないと自動で3年契約の更新がされます。
その場合、次回の更新月は73か月目が次回の更新月となります。

 

契約更新月以外に解約するとどうなる?

契約更新月以外に解約すると違約金が発生します。
基本的に契約から解約までの期間が短ければ短いほど高額になります。
この違約金はBroadWiMAX以外のプロバイダでも発生してしまいます。
WiMAXを契約する際の一番の注意点ですので気をつけましょう。

 

2年契約の場合の違約金

契約から解約までの期間 違約金
0〜12か月 19,000円(税抜)
13カ月〜24ヶ月 14,000円(税抜)
25ヶ月 0円
26カ月以降 9,500円(税抜)

 

3年契約の場合の違約金

契約から解約までの期間 違約金
0〜12か月 19,000円(税抜)
13〜24か月 14,000円(税抜)
25〜36か月 9,500円(税抜)
37ヶ月 0円
38か月以降 9,500円(税抜)

 

更新月のいつまでに解約すれば料金は発生しないの?

契約更新月の25日までに解約の手続きが必要です。
26日以降は解約の手続きができません。
翌月の解約となってしまいます。

 

解約の際は、BroadWiMAXの専用ダイヤルに電話します。

解約受付窓口
受付時間:11:00 〜 18:00(月〜土 / 年末年始は除く)
0120-651-315

 

BroadWiMAXだけの違約金が発生しないサービスとは?

このようにWiMAXを契約更新月以外に解約する場合は違約金が発生します。
この点はどこのプロバイダで申し込んでもあるWiMAXのデメリットの一つです。
このWiMAXのデメリットを限りなく少なくするサービスがBroadWiMAXならあります。

 

電波が届かない…WiMAXを活用できない場合

 

エリア確認し忘れた場合や思ったよりもWiMAXが繋がりにくかったり…
そんな場合でも解約には違約金がかかってしまいます。

 

BroadWiMAXは「満足度保証制度」を実施しており、
もし通信面でWiMAXに不満があった場合、違約金がかからず、
他のインターネット回線に切り替えができます。

 

BroadWiMAXが指定する回線に限定とはなりますが、
固定回線からLTE回線まで選べる回線は豊富にあります。

 

もしWiMAXがうまく接続できなかったりした際に違約金を払う負担を無くすことができます。

 

 

端末の故障、劣化の場合

 

契約期間の途中で端末が故障したり、劣化した場合でも
20カ月を過ぎていることが条件ですが無料で機種変更できます。

 

契約更新月を待たずに新しい端末を手に入れることができますし、
長期間の使用の場合でも安心して使うことができます。

 

端末が壊れて使えなくて解約する際の違約金の負担を無くすことができます。

 

8日以内の初期解約制度もある!

 

使い始めてすぐに通信面で不満を感じた際は8日以内であれば違約金無しで解約できます。
初期解約制度というもので契約事務手数料等は自己負担となりますが、
限りなく負担を少なくして解約ができます。
BroadWiMAXの初期解約制度を詳しく!【リスクなしで返金】

 

 

このようにBroadWiMAXなら契約更新月以外の解約の場合でも、
違約金負担を避けられる制度が整っています。

 

契約更新月までの使用が望ましいWiMAXですが、
万が一の事態に備えてBroadWiMAXならこのような制度があることを覚えておきましょう。

 

【まとめ】注意して選びたいWiMAXのプロバイダ選び!

今回はWiMAXの契約更新月についてと契約前に知っておきたい違約金について解説しました。
結論としてWiMAXは契約更新月以外の解約には違約金がかかることを覚えておきましょう。

 

このWiMAXのデメリットともいえる違約金の仕組みは
BroadWiMAX以外のどのプロバイダであっても付いてくるものです。

 

一度契約すると簡単には解約できないのでその分プロバイダ選びは重要です。
料金の高いプロバイダで契約すると契約更新月まで解約できず、
ずっと高い料金を支払い続けることになります。

 

BroadWiMAXは月額が安いことが一番の特徴のプロバイダです。
さらに万が一の際にも限りなく違約金を払うリスクが少なくなる制度も整っています。

 

料金面で損をしたくないというあなたに、
実際に使用している経験からおすすめできるプロバイダです。

 

詳細を確認できるBroadWiMAXの公式サイトはこちら

【WiMAX2+】業界最安値の月額2,726円!

 

 

BroadWiMAXを利用して1年になる私のレビュー記事です。
broadwimaxを1年間使用したリアルなレビュー!月1万節約に成功した方法とは?