BroadWiMAXのおすすめ端末!【全4種のポイントを解説】

BroadWiMAXのおすすめ端末!選び方はどうすれば良い?

BroadWiMAXおすすめ端末

 

BroadWiMAXでは全部で4種類の端末が用意されています。
またどの端末を選んでも全て無料となっています。

 

初めてWiMAXを利用する場合、どの端末を選んだら良いか迷ってしまいますよね。
どの端末も「おすすめ!」と書かれていて余計に迷ってしまいます。

 

私の場合は「Speed Wi-Fi NEXT WX03」を選びました。
理由は3,200mAの大容量バッテリーに魅力を感じたことと、
それまでWiMAXを使っていて、自宅での電波状況が良くなかったため、
クレードルを使って電波状況を良くしたかったからです。

 

broadwimaxを1年間使用したリアルなレビュー!月1万節約に成功した方法とは?

 

BroadWiMAXおすすめ端末WX03

 

このように端末にも特徴があります。状況にあったものを選ぶようにしたいですよね。
ここでは今までWiMAXを使用した経験からおすすめの端末と選び方について解説します。
使用シーンに合わせておすすめの端末を紹介していきたいと思います。

 

 

 

BroadWiMAXってどんなプロバイダ?

BroadWiMAXは「わかりやすくてお得な月額料金」が魅力のWiMAXプロバイダです。
契約してから1年後にもらえるキャッシュバック特典ではなく、月額の基本料金がお得に設定されているのが特徴です。

 

90秒でよくわかるBroadWiMAXの紹介動画!

 

詳細を確認できるBroadWiMAXの公式サイトはこちら

【WiMAX2+】業界最安値の月額2,726円!

 

 

基本的には最新端末を選ぶのがおすすめ!

 

色々あって迷ってしまうWiMAXの端末…
基本的には最新の端末を選ぶと間違いが無くおすすめです。
WiMAXの端末は通信速度やバッテリーの持ち時間がどんどんと改良されてきています。
他のプロバイダでも端末を選ぶポイントとして覚えておきましょう。

 

 

3年契約してもOKならWX04が一番おすすめ!

BroadWiMAX 端末 WX04

 

WX04は正式名称「Speed Wi-Fi NEXT WX04」という現行の最新端末です。
私が使っているWX03のバージョンアップ版になります。
日本メーカーのNECが作っていることでも人気のシリーズです。

 

特徴はWX03を上回るバッテリーの持ち時間が13時間と大容量で、
通信速度も下り最大440Mbpsの高速通信が可能です。
また今までWXシリーズで対応していなかったau4GLTE回線に対応しています。

 

au4GLTE回線って?

従来のWiMAX2回線では接続しにくい山間部などでもインターネット通信が可能になる回線です。
イメージとしてはauの電波が入る場所なら繋がります。

 

ただしBroadWiMAXではこの機種が3年契約限定となっています。
au4GLTE回線は3年契約の場合、月額の使用料金が無料になります。

 

現行の最新機種を利用したい!

電波の悪い場所でもWiMAXを使用したい!

 

そんな場合におすすめの端末となっています。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX04のスペック

BroadWiMAX 端末 WX04のスペック

 

W04を選んだ方が良い場合は?通信速度の早さ!

 

W04は正式名称「Speed Wi-Fi NEXT W04」という機種です。
スティック型のコンパクトサイズの端末で、HUAWEIが製造しています。
W04を選んだ方がおすすめの場合を解説します。

 

通信速度が早い!

下り最大708Mbpsの現行で最も通信速度に優れた機種です。
以前は440MbpsとWX03と同じでしたが、4×4 MIMO・CAに対応して改良されています。

 

とにかく通信速度にこだわりたい!

そんな場合におすすめの端末となっています。

 


 

WX03の意外なおすすめポイントは?

 

WX03は現在私が使っている機種です。
使い勝手も良好でおすすめできる端末です。

 

ただ現在ではWX04が発売されているので、3年契約できる場合は
そちらを選んだ方が良いでしょう。

 

ただこのWX03には一つ、おすすめのポイントがあります。
それは「au4GLTE回線に対応していないこと」です。

 

「え、対応していないのにいいの?」と思われるかもしれませんが、
au4GLTE回線は3年契約以外は月に1度でも接続すると
月に1,004円の使用料金がかかってしまいます。

 

使ってみての実感なのですが、
液晶画面のWiMAX端末はポケットの中などで
勝手に画面に触れてしまったりして設定が変わってしまうことがあります。

 

そういった時に最初からau4GLTE回線に最初から対応していなければ、
うっかり追加料金が発生してしまうこともありません。

 

au4GLTE回線を利用する予定がない

そんな場合におすすめの端末です。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX03のスペック

 

LO1はホームルーターとしておすすめ!

 

LO1は先に紹介した端末と違い、持ち運びはできない端末です。
ホームルーターとして使用する端末です。
接続できる台数が最大42台までとなっています。

 

1台あれば家やオフィスの電子機器のWiMAX接続を充当できるイメージです。

 

 

【まとめ】用途別にBroadWiMAXの端末のおすすめをまとめ!

BroadWiMAXの4種類の端末を紹介しました。
各端末のおすすめポイントを一覧でまとめてみました。

 

端末名 おすすめポイント
WX04

・現行の最新端末!迷ったらコレ
・大容量バッテリーで最大13時間
・au4GLTE回線が使用できるWXシリーズ
×3年契約が条件となる(au4G LTE回線は無料)

W04 ・通信速度が一番早い端末
WX03

・au4GLTE回線を使用しない場合にはコレ!
→ミスで追加料金がかかることがない

L01 ・ホームルーターにおすすめ!

 

電波が悪い山間地などで利用する

WiMAXは山間地などでは電波が通りにくいのがデメリットの一つです。
このデメリットはau4GLTE回線を使うことで解消できます。
その場合は「WX04」もしくは「W04」いずれかの端末を選ぶのがおすすめです。

 

端末の選び方をまとめると

  • 3年契約してもOKなら「WX04」
  • 2年契約で「W04」もしくは「WX03」

→au4GLTE回線を使用するなら「W04」
→au4GLTE回線を使用しないなら「WX03」
と考えるのがおすすめです。

 

 

詳細を確認できるBroadWiMAXの公式サイトはこちら

【WiMAX2+】業界最安値の月額2,726円!

 

 

BroadWiMAXを利用して1年になる私のレビュー記事です。
broadwimaxを1年間使用したリアルなレビュー!月1万節約に成功した方法とは?